「AuBee」の格安スマホ「elm.」は本当に使えるのか?

NTTレゾナントが、新ブランド「AuBee」を立ち上げました。
これに伴い、税別6,800円の超格安SIMフリースマホ AuBee smartphone 「elm」を数量限定で発売しています。
AuBee 「elm.」は、「超格安」「小型4インチ」をコンセプトにした、Android5.1搭載のSIMフリースマートフォンです。ロースペックでLTEにも対応していませんが、税別6,800円(税込7,344円)という極端なロープライスが魅力です。
ディスプレイは小型の4インチIPS液晶を採用しています。解像度はWVGAで、2点までのマルチタッチに対応しています。本体サイズは124×63.6×9.9mmとコンパクトで、重さも約120gと軽量です。
プロセッサはメーカーや型番は不明ですが1.3GHzのクアッドコアCPUとなっています。メモリーは1GBで内蔵ストレージは8GB。端末のストレージは小さいので、実際に運用する際はSDカードが必須となると思います。microSDカードに対応しているので、内蔵ストレージの少なさはある程度カバーできます。背面にオートフォーカス対応の500万画素の背面カメラ、前面に200万画素のカメラを備えています。
このような激安の端末では基本ですが、標準SIMとマイクロSIMのデュアルSIMとなっています。
なお、LTEでの通信はできないのですが、3Gはドコモのプラスエリアにも対応なのでドコモ系MVNOで運用するには向いています。
とにかく安くて小さいスマホが欲しくて、機能はある程度割り切れるなら買って損はないように思います。

引用

NTTレゾナントが6800円の超格安SIMフリースマホ AuBee smartphone 「elm.」を数量限定で販売

画像引用
http://www.orefolder.net/wp/wp-content/uploads/2015/12/20151217-elm-11.jpg
http://www.au-bee.com/index.html